一般社団法人日本風力エネルギー学会
by jwea
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
JWEA
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

一般社団法人日本風力エネルギー学会 News & Topics

<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
Status of Wind Turbines after Higashi-Nihon Earthquake
We would like to express our sincere appreciation to the constant support and cooperation provided to Japan Wind Energy Association(JWEA).

The devastating earthquake and associated tusnami struck the wide area of regions in Tohoku through to northern Kanto on the Pacific coast on March 11. We would like to extend our sincerest condolences for the loss of precious life due to such disasters. We also would like to express our deepest sorrow to those people and their families who are still suffering from the damages.

As many inquiries have been given to JWEA about the status of wind turbines located in the damaged region, we report as follows based upon the information provided by the members of JWEA to date.
1) It is fortunate that there seems to be no wind turbine (i.e. relatively large size with capacity of multi 100kW/unit) which was heavily damaged and thus came to non-operational condition. The wind turbines might have automatically stopped their operation , when they sensed warning signals due to the earthquake or irregularity of interconnected grids.
2) Thereafter, the wind turbine owners have been pursuing resumption of operation after verification of soundness of all related facilities.
However, some of windfarms may have damages on their own transmission lines or access road for inspection, and therefore, it may take some more time to have comprehensive information on all wind turbines and windfarms.

JWEA is contemplating to provide our members and supporters with opportunities, as mentioned below, to think over the current status and future prospects of wind energy in Japan.
1) Report on the Latest Status of Wind Turbines in the Damaged Region
(Vol. 97 of JWEA quarterly magazine to be issued around May 31)
2) Special Issue:Future Prospects of Energy in Japan = Observation from the standpoints of Global Warming, Energy Security and Appropriate Measures to Emergency & Disaster (Vol. 98 of JWEA quarterly magazine to be issued around August 25)
Note:The above propositions are provisional purpose and subject to change.

Since JWEA defines wind turbine as a most important equipment and facility which could play greatest role among the renewable energy technologies, we have been dedicating to deployment of wind power generation. JWEA will continuously tackle various technical issues such as higher reliability of wind turbines.
JWEA has a solid intent to keep its contribution toward Japan’s national energy security and environmental issues. We, therefore, would like to ask every continued support and cooperation of the members of JWEA and its valuable supporters.

Japan Wind Energy Association
Yukio Suguro
President
by jwea | 2011-04-19 14:47
東日本大震災と風力発電所の状況について
日頃から日本風力エネルギー協会の活動に関してご理解とご支援並びにご指導を賜り
厚くお礼申し上げます。
3月11日(金)に東日本において大地震と大津波が発生致しました。この「東日本大
震災」により,不幸にも亡くなられた方々には心よりお悔やみ申し上げますと共に,
被災された皆様,そのご家族並びに関係者の方々に対しまして,心よりお見舞い申し
上げます。また一日も早い心身のケアーと復旧復興をお祈り申し上げます。

この大震災における該当地域の風車(=大型風力発電機を示します)に関して,会員各
位や各方面から多くの問い合わせがありますが,現在までに協会員各位から頂いた連
絡をもとに状況をご報告します。

今回の地震により風車本体が損壊しその結果運転不可能に陥った設備は幸運にもあり
ませんでした。
即ち,被災地域に設置されている多くの風車は,地震による振動や系統連系線状態の
異変等を検知して自動停止しました。その後は可能な限りの巡視点検等を行い,安全
の確認が出来たものについて順次運転を再開している状況です。ただし,自営の送電
線や変電設備の一部が地震と津波で損害を受け系統連系出来ないといったことで運転
が再開出来ない風車や,機器への点検が道路状況から未だ出来ない風車があり,状況
の全容を掴めていないところもあります。しかし全体としては復旧に向かっています。
今後,各風車の状況を更に詳しく調査することが出来るようになれば,状況は明
確になってくるものと考えます。

また協会の具体的な取組みとして,協会誌97号(5月31日発刊予定)および98号(8月
25日発刊予定)にそれぞれ『東日本大震災 被災地での風力発電所の現状報告』(仮
題)および『特別企画 「地球温暖化」「エネルギーセキュリティ」「有事災害」の
3点からエネルギーを考える』(仮題)を掲載し,我が国の風力エネルギーの現状と
将来のあり方について議論させて頂く予定です。

日本風力エネルギー協会は風車を最も重要な再生可能エネルギー機器であると考え,
従来から風力発電の導入促進に向け活動してきました。今後も各種の技術的な課題や
信頼性の向上を目指して取り組み,更なる導入促進を図り,日本のエネルギー源の確
保と環境問題の解決の一助となるように取り組んで参る所存です。したがって会員各
位はもちろん,多くの皆様に従来にも増してご理解とご支援,ご協力を頂きながら再
生可能エネルギー促進活動を続けて参りたいと考えます。今後とも宜しくお願い申し
上げます。   以上

                           日本風力エネルギー協会
                           会長 勝呂幸男
by jwea | 2011-04-19 14:28